Misocaとfreeeを連携して自動で経理をする方法

ITツール

Misocaとfreeeって連携して自動で経理ができるようになるらしいけどどうやるんだろう…

設定のやり方を教えてほしい。

こんな疑問に答えます。

Misocaで作成した請求書情報(売上データ)をクラウド型会計ソフト「freee」へ送信することができます。

スポンサーリンク

Misocaとfreeeを連携して自動で経理をする方法

Misocaとfreeeを連携するにはまずMisocaにログインしましょう。

銀行口座などはfreeeから設定ができますが、Misocaの場合はMisoca側から設定します。

Misocaとfreeeを連携するためのステップは2段階あります。

  1. 連携の事前準備
  2. freeeに売上データを送信

この2ステップですね。

Misocaとfreeeを連携する事前準備

Misocaとfreeeを連携するための事前準備は以下のとおり。

  1. 画面右上の[設定]をクリックして、[アカウント情報]を選択します。
  2. サブメニューから[ログイン情報]をクリックして、ログイン情報ページを開きます。
  3. [freeeと連携する]ボタンをクリックすると、freeeのログインページが表示されます。freeeのアカウントでログインを行ってください。
  4. Misocaとfreeeの連携が完了すると、Misocaの画面上部にメッセージ「freeeと連携しました」が表示されます。また、画面下部の外部アカウント連携項目において、「freee連携は設定済みです」と表示されます。

画面右上の[設定]をクリックして、[アカウント情報]を選択

画面右上の「設定」をクリックしたら、メニューが出てくるので「アカウント情報」をクリックしましょう。

サブメニューから[ログイン情報]をクリックして、ログイン情報ページを開く

「ログイン情報」をクリックしましょう。

[freeeと連携する]ボタンをクリックして、freeeのアカウントでログイン

「freeeと連携する」というボタンがあるので、こちらをクリックしましょう。

Misocaとfreeeの連携が完了

freeeと連携しましたと表示されます。

人によっては「freeeと連携する」をクリックすると確認画面が表示される場合がありますので、許可しましょう。

Misocaからfreeeへ売上データを送信する方法

Misocaからfreeeへ売上データを送信する手順は以下のとおり。

  1. 事前準備が完了すると、Misocaの請求書の詳細画面に[freeeに送る]ボタンが表示されます。
  2. [freeeに送る]ボタンをクリックすると、freeeへMisocaの請求書情報(売上データ)が送信されます。

まずははじめの画面に戻って請求書の詳細画面を開きましょう。

Misocaの請求書の詳細画面に[freeeに送る]ボタンが表示されます。

請求書詳細画面を開くと右上部分に「freee」というボタンが出現しているのがわかります。

freeeへMisocaの請求書情報(売上データ)を送信

こんなポップアップが出てくると「freeeに送信する」をクリックしましょう。

freeeで確認

最後にfreee側で確認して売上データが会計に反映されているか確認しておきましょう。

freeeの取引一覧を開きましょう。

こんな感じで自動で取り込みが完了しています。