TOPIX連動型と日経225連動型のインデックスファンドの違いって?

資産運用

こんにちは。

私はこれからインデックス投資を始めようとしています。インデックスファンドのなかには「TOPIX」に連動するものや「日経225」に連動するものがあります。

「TOPIXってなに?日経225ってなに?」と思ったので調べてみました。

ちなみにTOPIXと東証株価指数は同じもので日経225と日経平均株価は同じものでした。

スポンサーリンク

TOPIXと日経225の違い

「東証:TOPIXと日経平均株価」のページに詳しく書かれていました。

TOPIX日経225
算出元東京証券取引所日本経済新聞社
対象東証一部上場内国普通株式全銘柄東証一部上場銘柄から選定された225銘柄
銘柄数約1700銘柄225銘柄
タイプ時価総額加重型株価平均型
表示ポイント

 TOPIXは、時価総額加重型

ある過去の一定時点(=基準日)の時価総額と比較して、算出時点の時価総額がどの程度増減したかを表します。時価総額の大きい銘柄の影響を受けやすいという特徴があります。

日経225は、株価平均型

構成銘柄の採用株価の平均を表します。値がさ株(高株価の銘柄)の影響を受けやすいという特徴があります。ちなみに株価平\\均型は日経平均のほかにダウがこれにあたる。

山崎氏はTOPIX連動型を推奨

山崎元氏は『ほったらかし投資術』のなかで、TOPIX連動型をおすすめしています。TOPIXの方がポートフォリオのバランスが良いことがその理由だそうです。しかし、どちらが優れているかは一概に言えず、収益率でみても五分五分だそうです。

ひとこと

今回、TOPIXと日経225について調べてみて完全には理解できませんでした。株価指数は難しいですね。TOPIXと日経225は、それぞれ特徴があり一概にどっちが良いとは言えず、収益率をみても五分五分であるそうです。ということは、信託報酬等のコストがパフォーマンスに影響することになります。そうすると「ニッセイ日経225インデックスファンド」は信託報酬等が他に比べて圧倒的に低いので魅力的に感じますね。