「paymo biz」のメリットデメリットと料金プラン・手数料

ITツール

フリーランスでクレジットカード決済を導入したいけどいろいろあってわからない…

「paymo biz」ってどうなんだろう?

こんな疑問に答えます。

スポンサーリンク

paymo bizの仕組み

paymo bizは、事業者は商品サービスの決済ページを作成して、購入者にURLを送るだけで決済ができるウェブサービスです。

paymo bizの特徴は、個人間での「クレジットカード決済」「コンビニ決済」「QRコード決済」ができるところです。

月額課金もできる

paymo bizは単発の決済だけでなく月額課金タイプの決済にも対応しています。

月額課金とは、設定された額の決済が毎月設定した暦日に自動的に行われる機能です。

毎月定期的に商品やサービスを提供する場合に便利です。

例えば、税理士が税務顧問料を受け取る場合やフリーランスがウェブサイトの毎月の保守運営手数料を受け取る場合など、毎月同額を決まった日に支払いが発生するビジネスには、自動で決済をしてくれるので請求書発行や振込確認の手間などが省けて便利です。

paymo bizのメリット

公式サイトのキャプチャですが、paymo bizのメリットはこんな感じ。

  • 60秒でかんたん登録
  • 固定費一切ナシ
  • QRコード決済

60秒でかんたん登録

paymo bizを使い始めるのは登録が必要ですが、かんたんに出来ます。

SNSアカウントまたはメールアドレスを登録してすぐに使い始めることができます。

固定費一切ナシ

paymo bizは導入の初期費用や固定費は一切かかりません。

1回限りの単発でクレジットカード決済が必要になったときにも導入コストゼロなので使いやすいですね。

QRコードで決済

決済はかんたんでQRコードか決済URLを商品サービスの購入者に送るだけです。

購入者についてもpaymo bizのアカウントが必要になるので、購入者としては一手間ありますが登録はSNSアカウントかメールアドレスだけなので、簡単に登録できます。

決済の上限額は10万円までで、今のところ10万円を超える取引は出来ません。

 

paymo bizの料金・手数料

paymo bizは先日までキャンペーンで決済手数料が無料だったのですが、キャンペーンが終了して新料金プランが発表されています。

料金プランは2つ「スタンダード」と「ライト」とがあります。

いずれのプランについてもシンプルでわかりやすくて良いですね。

スタンダード

スタンダードは決済手数料(税込)2.95%で初期費用、月額費用がかからないプランです。

他社と比較しても2.95%の決済手数料は少し安い感じです。

ライト

ライトは決済額月額5万円までは無料。

それ以降は(税込)5%の決済手数料がかかります。

スタンダードと同じで初期費用、月額費用はかかりません。

5%という数字はちょっと高いかなと思います。

5月28日以前に登録した方は自動でスタンダードが適用

無料キャンペーン中に登録した方はスタンダードプランが適用されます。

スタンダード、ライトを選ぶポイント

スタンダードにするかライトにするか選ぶポイントは月額5万円利用するかどうかですね。

 

オンライン決済サービスpaymo bizまとめ

paymo biz、初期費用・手数料無料で使えるのはうれしいですね。

ただ、今はキャンペーン期間中とのことですので、今後も手数料無料で使い続けることができるかは不明。

安定して使い続けることを考えるとpaypalやSquare、Stripeのほうが無難かと思いますが、無料で簡単に使えるpaymo bizも悪くないと思います。

月額課金も使えて決済手数料まで無料なのがメリットですね。