【初心者向け】確定拠出年金(iDeCo)をはじめる前に読むべき本3選

確定拠出年金

iDeCoをはじめようと思っていてブログなどで情報収集しているが、僕の理解が本当にあっているのかなんとなく不安。

本を読んで得た知識が正しいか確認したい。

確定拠出年金の初心者向けですぐに読める本を教えてほしい。

こんな悩みに答えます。

確定拠出年金をはじめるときって、説明会があると思うんですが投資は自己責任ですよ、って言われたりするので、株式や投資信託を買うのがなんとなく不安ですよね。

この記事を書いている僕は、サラリーマンをやっている1年ほど前から企業型確定拠出年金をはじめました。今は会社を退職したので積立分はiDeCoに移管しています。

この記事では、これから個人型確定拠出年金(iDeCo)をはじめたい方のために、初心者向けのサクッとすぐに読めるおすすめ本を紹介します。

スポンサーリンク

確定拠出年金(iDeCo)をはじめる前に読むべき本3選

さっそくですが確定拠出年金をはじめる前に読むべき本を3つ紹介します。

どれも確定拠出年金の仕組みが理解できます。

また、確定拠出年金は定期預金のようなノーリスク商品もありますが、基本的には株式や債権で運用する投資ですので、投資に関する知識も身につきます。

一番やさしい!一番くわしい!個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門

タイトルのとおり、一番やさしい!一番くわしい!確定拠出年金の本です。

初心者向けに書かれていて、1つ1つのテーマがコンパクトにまとめられていて読みやすいです。

金融機関の選び方だったり確定拠出年金の商品の選び方まで、失敗しないためにも最低限知っておくべき確定拠出年金の知識ばかりが説明されているイメージです。

金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術

タイトルはすこし胡散臭い感じがあるのですが、実は中身は確定拠出年金に関するものです。

年利15%というとんでもない運用利率を見せていますが、これを実現できる理由は税金の仕組みにあります。

詳しくは、この本に書いてあるので、ぜひ理解して確定拠出年金をはじめてみてください。

確定拠出年金の教科書

経済評論家の山崎元さんが著者の確定拠出年金の教科書。

その名のとおり、教科書レベルに詳しいです。

例えば、離職や転職をしたらどうなるのか具体的にどのような手続きをすれば良いのか説明されていたりと、法律を丁寧に解説してくれているかのような内容でした。

まとめ

僕が確定拠出年金(iDeCo)をはじめる前に読んだ書籍3冊を紹介しました。

僕は1冊だけだとなんとなく不安で似たような内容の本を複数読んだりするのですが1冊で十分かと思います。

この中であれば「一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門」が一番読みやすいのでおすすめです。

本で理解したら実践しよう

本で失敗しないための知識を手に入れたら次は実践しましょう。

僕が実際に個人型確定拠出年金(iDeCo)の口座を開設した記事はこちらです。

iDeCo口座開設ならマネックス証券をオススメする2つの理由【確定拠出年金】

確定拠出年金を実践するには確定拠出年金用の口座を開設するだけ

ただし、確定拠出年金の口座を開設する際には下記2つのポイントを抑えて選びましょう。

  1. 金融機関を選ぶ
  2. 運用商品を決める

金融機関を選ぶ

金融機関は口座の維持管理手数料が安い金融機関を選ぶのがオススメです。

確定拠出年金は基本的にはじめると途中でお金を引き出せなくなくなります。

追加の投資をストップすることは出来るのですが、それでもiDeCo口座の維持管理手数料はその間もかかってきます。

できるだけ、口座の維持管理手数料が安い金融機関を選ぶのが賢い選択です。

維持管理手数料といっても以下の6つほどあります。

タイミング支払先金額
加入時加入時1度だけ国民年金基金連合会2,777円
運営管理機関金融機関による
運用時加入中(毎月)国民年金基金連合会月額103円
運営管理機関金融機関による
事務委託先金融機関月額63円
給付時受け取るとき事務委託先金融機関 1回432円

ほとんどの手数料は支払う金額が決まっているものが多く、そこはあきらめて支払う必要があります。

しっかり選ぶべきところは加入中毎月かかる運営管理機関(金融機関)に支払う手数料です。

ここが高いと安いとではパフォーマンスに影響します。

ですので、僕は口座の維持管理手数料が安いマネックス証券で口座開設をしました。

iDeCo口座開設ならマネックス証券をオススメする2つの理由【確定拠出年金】

運用商品を選ぶ

運用商品はそれぞれの運用方針や投資手法にあったものを選択するのが良いかと思います。

投資の手法は人それぞれだと思いますが、投資が全くわからないという方のために僕の運用方針をご紹介します。

僕はインデックス投資という手法を実践しています。

2014年にはじめてから4年ほどで20%くらい含み益が出ています。

インデックス投資について詳しく知りたい方は、下記の記事で紹介している本が参考になります。

【初心者向け】株式・投資信託で資産運用する前に読むべき本3選