【初心者向け】IT導入補助金とは?仕組みを徹底解説【中小企業必見】

IT導入補助金とは ITツール

クラウドサービスの導入コストを半額補助してもらえるIT導入補助金という制度があるらしい。

どんな場合に補助金がもらえるの詳しく知りたい。

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は先日、経済産業省からIT導入支援事業者に採択されました。

IT導入補助金については、専門家ということになります。

スポンサーリンク

IT導入補助金とは

そもそもIT導入補助金ってなに?

IT導入補助金の公式サイトから引用すると…

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。

「今の状態で業務がまわっているのでとりあえずOKと考えている」

「ITには興味があるが導入コストがかかるのでためらっている」

IT導入補助金はもっと生産性を上げるために、実質半額で業務効率化・生産性向上に役立つITツールを導入出来る制度です。

補助対象者中小企業者(個人事業主を含む)

医療法人、社会福祉法人、特定非営利活動法人、組合関連

対象経費ソフトウェア、クラウド利用料、導入関連経費等
補助率1/2以内
補助上限額・下限額 上限50万円,下限15万円

導入するITツールの要件

導入するITツールはフロント業務、ミドル業務及びバックオフィス業務のうちから、2つ以上の機能をもつことが要件となっています。

補助対象経費

ソフトウェア製品/クラウドサービスソフトウェア、クラウドサービス
オプション機能拡張/データ連携ソフト

HP利用料

アカウントID追加/クラウド年間利用料追加

役務保守・サポート費(最大1年分)

導入設定、業務コンサル、マニュアル作成、導入研修

セキュリティ対策

補助対象とならない経費

  • ハードウェア購入費
  • ハードウェア導入にかかるレンタル、リース費用
  • ソフトウェアを開発する際の開発基盤のみ(SaaSはOK、PaaS・IaaSは対象外)
  • OS費用
  • 特定の業務機能を持たない製品のみの導入
  • 導入するITツールに大幅な変更を加えるカスタマイズ
  • スクラッチ開発(ホームページ制作は除く)
  • 既存のホームページの一部機能強化及びコンテンツの追加等
  • 広告出稿料及びバナー広告購入費用
  • 補助金申請、報告にかかる申請代行費
  • 公租公課(消費税)

IT導入補助金の公募期間

1次交付申請期間2018.04.20〜2018.06.04
事業実施期間交付決定後〜2018.09.14
2次交付申請期間2018年6月中旬〜8月下旬(予定)
事業実施期間交付決定後〜2018年11月中旬
3次交付申請期間2018年8月中旬〜10月上旬(予定)
事業実施期間交付決定後〜2019年1月中旬

1次は終わってしまいましたが、2次、3次はこれからです。

まだ補助金を受けるチャンスは残っています。

IT導入補助金の仕組み

IT導入補助金は通常の補助金の仕組みとは若干異なります。

「IT導入支援事業者」が国と企業の間に入ってITツールの導入を支援します。

補助金申請の手続きはこのIT導入支援事業者が代理で申請します。

企業はIT導入支援事業者に相談して自分の会社にあうITツールを選んで導入するだけ。

ほとんど手間がかからないんです。

IT導入補助金申請の手続き方法

IT導入補助金を受ける場合の申請の手続きはIT導入支援事業者が代理で行います。

上記の手続きの流れで進めていきます。

  1. IT導入補助金を知る
  2. ITツールの選択等
  3. ITツールの導入
  4. 補助金の交付手続き

基本的に税金は流れを理解しておくだけ、あとはIT導入支援事業者に任せておけば必要な手続きを進めてもらえます。

IT導入補助金の仕組みまとめ

IT導入補助金はITツールを導入してもっと生産性をあげようとする中小企業のためにある補助金です。

最大50万円、最低15万円の補助が受けられます。

導入するITツールは2つ以上の生産性向上機能を有している必要があります。

具体的にはクラウド会計を導入してバックオフィスの効率化だったり、ホームページ制作による営業コストの削減などが補助の対象になってきます。